人工芝と景観の相関性

いま現代の私たちの社会では、地球温暖化の影響で、ヒートアイランド現象なるものが多発するようになった。ヒートアイランド現象とは、都会部など閉ざされたビル街などで発生しやすく、温度の吸収を抑えられずに全体として温度が高くなる現象である。この対策として挙げられるのが、人工芝を使った抑制技術だ。人工芝を敷くことで、太陽の直接の日を避けれるほか、建物が暖まりにくいという面も持つ。また、景観にも関わってくることである。街全体としてはエコな街に生まれ変わるため、景観がよくなるというのは言うまでもない。その、人工芝によってそれを生かした会社外装にすることもでいる。例えば、人工芝を壁面に敷く事によって、これまでとは違った表情を見せることが出来るのだ。いま、私は大学で環境景観学について学んでいるのだが、景観を良くするためには人工芝を使ったヒートアイランドの抑制技術はかなり重要ななもののようだ。


その技術の緑化が進むことで、会社にも、地球環境にもプラスをもたらしてくれるのだ。ヒートアイランド現象が解決することで、それまでにはできなかった景観作りにも取り組むことができる。ヒートアイランド現象のせいで、今までは熱を吸収しにくい素材を使って道路を作ったりしていたとするならば、解消されたことで、低価格で経済的な施工ができるかもしれない。人工芝を使った温暖化抑制技術によってヒートアイランド現象を解消するだけで、こんなにも社会にプラスを与えられるのだ。以上のことより、いまの社会においては、少しでも緑を増やすことが求められるのである。今後はおそらく、屋上を人工芝で緑化する動きも増えるだろうし、われわれ各個人にも、事情が分かるだけに、そうした動きに対して良い印象を持つだろう。ただ、もちろん反対派も必ずいるわけで、うまくことが進むとは限らない。評価するときには、各個人いろいろと意見が割れるかもしれないし、緑を増やすことで景観がよくなるのな疑問を持つ人ももちろんいるわけだ。そうした人を説得するためにも、壁面の緑化を行ったことでの景観への改善点などをもっと広めていく必要がある。それを行えば、多くの人が緑化での風景作りに賛成の気持ちになるかもしれない。


いずれにせよ、地球はひとつしかない大切なものである。自分たちの手で守っていくためには、ここであげたことをするべきである。屋上や壁面の人工芝による緑化について、総括すると、少なからず全体を見ればプラスの働きをするのだから、広めていくことは良いことであると思う。

Blog Home