壁面緑化は緑と花で作る壁

壁面緑化は壁を植物で作る試みです。昔からツタを絡ませた建物を見ることがありましたが、ここで言う壁面緑化とは少し趣が違います。もちろん、ネットなどを使い壁面を覆うこともありますが、パネルやポットなどを使った方法などでツタ以外の植物で壁面を緑で飾ることが出来るのです。壁を植物で作ることによって癒しの効果があり見ている人に心の安らぎを与えることが出来ます。また、環境の改善を計ることが出来ます。壁は植物で出来ているので、植物の空気浄化作用によって空気を浄化することが出来ます。植物は一定の水分を保つ働きがあり、その水分を空気中に発散しています。そのために、湿度を保つことが出来るのです。夏の温度調節にも一役買うことが出来ますので、電力を使わずに断熱効果があります。省エネ効果に優れているのも特徴の一つです。


植物は地球温暖化対策にとても役に立つのです。建物自体を植物で覆うように壁面緑化することも可能ですし、庭のごく一部など小さい壁面緑化も思いのままに作ることが出来ます。建物を緑で覆うことは建物の保護にもなり建物のひび割れを防いだり、紫外線で建物が傷んだりすることを防ぎます。また、断熱の効果もあるのです。それ以外に、壁面を緑で覆った建物はとても目立つので、宣伝効果も大きいのです。壁面緑化は室外だけの物ではありません。室内のインテリアとしても活用することが出来ます。心落ち着く空間を作るためにはインテリアの中に植物は欠かせません。オフィスや飲食店、癒しの空間が大事なエステサロンなどいろんな店舗で空間を演出することが出来るのです。オフイスでのインテリアとしての植物は仕事のストレスを軽減してくれますし、環境が良いということは一つのステータスともなります。植物の管理が一見大変そうに見えますがメンテナンスもすべて業者に頼むことが出来、枯れた部分を交換したり、虫や病気の管理もすべて任せることが出来ます。季節が変わるごとに、花や観葉植物も交換することが出来ることで、季節感を演出することもできるのです。人は、植物があると癒される効果が高いのです。


物周りにグリーンがあると、ストレスを軽減することもでき、疲れた目を休めることもできます。自然の中にいると心安らぐ環境を壁面緑化により都会の中に再現することと、ヒートアイランド現象の抑制が出来るのです。壁面緑化を推進することにより都会での生活がより快適になることでしょう。

Blog Home